海外旅行保険のお見積もり/お申込み

取扱代理店:株式会社ウィズハート

お知らせ

妊娠中に海外旅行に行かれる方からのご相談

2020年01月18日

よくいただく海外旅行保険のお問合せで、妊娠中の方からの相談があります。
妊娠中でも安定期である妊娠12週から28週頃であれば海外旅行は可能と言われていて、出産前に海外旅行を楽しもうという方が多くいらっしゃいます。

ただ、一般的な海外旅行保険では妊娠に関する治療は補償対象外となってしまうことにご注意ください。
海外渡航先では海外旅行保険が効かないので、もし病院にて治療や手術、入院をすることになるとかなり高額な医療費用を負担することになります

中には「健康保険の海外療養費制度があるから大丈夫なのでは?」とお考えの方もいらっしゃいますが、海外療養費制度で戻ってくるお金はあくまで「日本で治療をした場合にかかる治療の7割」です。
日本より治療費の高いアメリカやヨーロッパで治療を受けると、想定よりもはるかに高い費用になるでしょう。

また、海外の病院ではその場での現金払いで出来ない場合は治療を後回しにされたり、治療自体を受けさせてくれないこともあります。
海外療養費制度はまず自腹で治療費を支払って、後で返ってくる制度なので、もし手元に大きなお金を持っていないと治療を拒否されてしまうかもしれません。

そういった恐れやリスクから、妊婦さんが海外旅行に行く際の海外旅行保険は何よりも大事だとお伝えしています

具体的な補償内容は以下のページにまとめてありますので、海外旅行・海外渡航を検討中の妊婦さんはどうかご一読ください。
妊娠中の方でも加入できる海外旅行保険

このページの後半では海外病院で働かれていた看護師さんのインタビューも載せており、妊婦さんの診察事例も載っているのでその部分は特に必見です。

よくいただくご質問

旅行の何日前から申し込みできますか。
インターネットでは、ご出発の60日前からご出発日当日までお申し込みいただけます。 なお、出発当日のお申込みは、クレジットカード払に限ります。
海外から申し込むことはできますか。
海外からはお申し込みいただけません。
現症・既往症があっても海外旅行保険に加入できますか?
保険期間が31日以内であればご加入可能です。
保護者のクレジットカードで申し込みできますか?
名字の同じ保護者の方にお手続きをお願いしてください。その際、申込人(契約者)欄には保護者の方について、旅行者(被保険者)欄には旅行者についてそれぞれご入力してください。
お問い合わせ


ページの
先頭へ戻る